アリの飼育・販売のアントファーム  mail:ari@ant-farm.jp Tell:090-4639-4762
電話に出れない事が多い為、申し訳ありませんが留守番電話に用件をお願い致します。
 ショッピングカート  新規会員登録
アントファームトップページ お支払い・配送について 運営者の紹介 ご要望・改善点など お問合せ
 
 アリ採取に傷を付けずに採取できる 手動ポンプ式アスピレーター(吸虫管)
会員様ログイン
メールアドレス

パスワード

吸虫管
商品番号 29
商品名 手動ポンプ式アスピレーター
(吸虫管)
販売価格 1600円
送料区分 送料別。代金引換・銀行振込・お届け時クレジット払いの手数料は自己負担。
配送タイプ 定形外郵便
※他の商品も一緒に複数購入した時は、配送サイズが異なる場合がりますのでご了承ください。
在庫 在庫
ポイント  1%
数量:

パスワード紛失
新規会員登録
この商品のみを注文する場合は 銀行振込のみ対応しております。 注文の際はご注意ください!
定形郵便では時間指定・日付け指定はできません。ポスト投稿となります。
定形郵便は銀行振込のみとなりますのでご注文の際は銀行振込を選択してください。
※異なる配送タイプや複数注文の場合は配送サイズが変更になる場合があります。その場合は銀行振込以外も可能となります。銀行振込以外のお支払いを希望の場合は配送タイプ変更も可能です。備考欄に希望を記載してください。
この商品について問い合わせる
 
アントファームメインメニューアリの飼い方蟻の意外と役立つ豆知識アリの販売アリの餌の販売飼育用品の販売アリの飼育道具セットアクリル飼育ケースの販売アリ塚飼育容器の販売石膏巣の販売アリのコルク飼育ケース アリを素手で持つと、傷がついたり、すぐ死ぬことが多くなってしまいます。

アスピレーターはアリに傷を付けずにやさしく採取できるとても楽な道具となっております。
※別名、吸虫管とも呼びます。

この道具はポンプ式となっており、口で吸うことなく手動で楽に昆虫類を採取できるようになっております。

【特徴】
昆虫を吸い取る吸入側(下部チューブ)の長さを変えることができる為、自分の扱いやすく調整することや、その使用する場所によって変更できるのでとても利便性に優れております。
ポンプで手動で押すことで簡単に吸引できるようになっております。ポンプ側の外径は1.2cmと大きく、下部の吸入側はチューブの外形8mmとなっており、吸引力が強い仕様となっております。

【使用方法】
手動でポンプを押すことで下部ホースの先端から、昆虫類が小ビンに吸入されます。
中にはフィルターが装着しており、吸引時にポンプ内部に入ることはありません。
またフィルターが壊れた場合は新しく交換として自身で装着可能となっております。
※ポンプは押す力・回数により吸引力が変化します。

【注意点】
異物混入予防としてポンプ空気排出口にはフィルターが装着しておりますが、細かい砂などの粒子は入る場合もありますのでご注意ください。

女王アリの為の働きアリの捕獲を可能としております。
※大型の女王アリなどは吸引できませんのでご注意ください。

【寸法】
ケース部分(プラスチック):約37mm×高さ約48mm
ポンプ:外径12mm×内径8mm         ※フィルター交換可能
吸入側チューブ:外径8mm×内径6mm 長さ約21cm ※長さ変更可能

【セット内容】
昆虫用の採取容器
ポンプ:外径12mm×内径10mm ※容器に接着済み
チューブ:外径8mm×内径6mm 長さ約20cm×1本
※チューブ取り外し可能及び長さ調整可能

吸虫管 吸虫管 吸虫管
吸虫管 吸虫管 吸虫管

 



※初めての方、または注文をご検討の方は必ず各商品の
詳細説明欄のリンク先をご覧いただく事をお願い致します。


アリの販売アリの餌の販売アリ塚飼育容器の販売アクリル飼育容器の販売
アリの飼育用品の販売石膏巣の販売コルク巣の販売基本的な飼育セット
あなたの心にドキドキ・ワクワクをお届けします。 初めてアリを飼育する方や少しでも興味を持たれた方は下記を覗いてみてください。もちろんすでにアリを飼育されている方もご覧ください。


アリの飼い方・飼育方法について(初心者対応)
ご注文と受付と発送日について




 クロオオアリ女王 ムネアカオオアリ女王 プロテインパウダースウィート
クロオオアリ女王 ムネアカオオアリ女王 プロテインパウダースウィート
(アリの総合栄養食)
 販売価格  3000円  販売価格  3500円  販売価格 500円
  在庫:在庫 在庫:在庫 在庫:在庫
クール便の選択:
数量:
クール便の選択:
数量:
グラム選択:
数量:
  詳細を見る  詳細を見る 詳細を見る

基本的な飼育セットNo1 アクリル飼育ケースS 横置き型石膏飼育ケースM
基本的な飼育セットNo1 縦置き型アクリル飼育ケースS 横置き型石膏飼育ケースM
 販売価格 1070円  販売価格 5275円 販売価格 8542円
バリエーション別の在庫状況 在庫:在庫 在庫: 在庫
石膏カラータイプ:
フルオン追加:
数量:
ケース専用スポンジ追加:
数量:
数量:
 詳細を見る 詳細を見る  詳細を見る

フードステーション4 昆虫ハサミ 透明キャップ
フードステーション4 昆虫ハサミ 透明キャップ各種サイズ
販売価格 1000円  販売価格 800円  販売価格 30~45円
在庫: 在庫 在庫: 在庫 バリエーション別の在庫状況
数量:
数量:
サイズ選択:
数量:
 詳細を見る  詳細を見る 詳細を見る

フルオン 吸虫管 シリンジ
アリが登ることができないフルオン 手動ポンプ式アスピレーター あると便利!シリンジ10ml
販売価格 10ml:1000円~  販売価格 1600円  販売価格 90円
バリエーション別の在庫状況 在庫:在庫  在庫:在庫
容量選択:
数量:
数量:
追加オプション:
数量:
 詳細を見る  詳細を見る 詳細を見る

 

手動ポンプ式吸虫管の特徴

手動ポンプ式吸虫管の一番の特徴は口で吸うことがないということではないでしょうか。
口で吸うことが嫌いな方もいますが、中には花粉症の方や口で吸うということは小さなホコリやウィルスも吸うことになりますのでアレルギーのある方などは口で吸うのは危険かもしれません。
アレルギーや抵抗のある方にとっては手動ポンプ式がいいのではないでしょうか。
しかしポンプ式にはデメリットもあります。口の変わりにポンプを押すことで吸引することになりますが、吸引力については実は口で吸うほうが強いのです。
人間の肺活量の力に比べポンプ式は弱いのは当然です。しかしポンプを瞬間的に握ることを素早く何回も行うことにより吸引力も強くなります。
握力がないよ~、すぐ疲れるよ~という人は・・・自動式しかありませんが。。何をするにも力と根性そして体力は必要ということです。がんばって何事も行動しましょう!

吸虫管を使用したピーティング法

なにも吸虫管とはアリだけを採取するものではなく昆虫類全般で使用される道具です。
昆虫を取る方法には色々と技法があります。吸虫管を使用した昆虫の取る方法としてピーティング法というものがあります。
地上にある昆虫を探して採取するのではなく木の上や木の葉・花やキノコなどに居る昆虫達をたたき落としその下にネットや入れ物などをあらかじめセッティングしておきます。
たたき落とした昆虫達はそのネットまたは入れ物に落ちてきます。それを採集する方法です。
落ちてきた昆虫の中には小さな昆虫も沢山いますのでこの小さな昆虫達を吸虫管で吸い取って採集します。
この方法によって、コウチョウ類やカメムシ類、ハサミムシ類、ヨコバイ類などが採集されます。

吸虫管の作成方法

吸虫管を作成するにあたり準備する道具はまずプラスチック等でできた少し小さめの昆虫類を集める為のケースと適度の大きさと長さのチューブが二つ(一つは吸い取り側、もう一つは口で吸う側)と細かい網目の生地と穴あけ道具と接着剤が必要となります。まずケースのフタ部分に二つの穴を開けます。
穴の大きさはチューブの大きさに合わせてください。つぎに穴にチューブを差込接着剤で空気が漏れないようにしっかりと接着します。
ここで注意は片方の口で吸うチューブ側には細かい網目の生地を装着して接着してください。そうしないと・・・口に吸った全てのものが入ってきますので気をつけてください。
これで完成ですが、文章だけですとはっきりいって分かりづらいと思います。実際に作ることで分かることもあると思いますので、ぜひ作って見ましょう。

飼育や販売について

アリの飼育を楽しんでもらいたい。自分が子供のころに働きアリを捕まえて、育てた記憶があります。その時のドキドキ感やワクワク感を現在、発展してきた道具や飼育方法で、みなさんにも楽しんでもらいたいと思い、始めました。現在は、海外でもアリの飼育が人気になっており様々な商品が売られております。その中でも、厳選した商品の紹介や手作りの商品を開発、提供できたらと思っております。 自分も分からないことも多いですが、自分でも様々なアリを飼育しながら、知識も提供していけたらと思います。まず分からないことがあれば、メールでも電話でも気軽に連絡をいただければと思います。 
仕事の合間をぬって、少しこと道具の開発や紹介ができたらいいなと思っております。宜しくお願いします。

トップページ  お支払い・配送について  運営者の紹介  ご要望・改善点など  お問い合わせ

蟻の飼育キット通販サイト
お問合せはコチラ! お問合せはコチラ! 送料の確認はコチラ! image