support お問い合わせはこちら! ヤマト運輸 送料の確認はこちら!
アリの飼育・販売のアントファーム  Tell:090-4639-4762
電話に出れない事が多い為、申し訳ありませんが留守番電話に用件をお願い致します。
 ショッピングカート  新規会員登録
アントファームトップページ お支払い・配送について 運営者の紹介 ご要望・改善点など お問合せ
 ありんこナビ
 
ネットショップに戻る
・はじめが大事!ひとつひとつ確認しよう!

①アリの飼育する前に注意点について学んでいこう!

よくあるのがアリを初めて飼育し始めてすぐに死んでしまうことが多く見受けられます。

注意点を知らないと初めて飼育するかたは、すぐに死んでしまうことでネットで調べてもなかなか分からない事が多いと思います。


②女王アリを自分で取った場合の注意点


自分で女王アリを採取した場合は、まずすぐに飼育ケースに移しましょう。

長期間の飼育がしたいのであれば最初は小さな石膏飼育ケースで飼育が望ましいです。

よく、最初からとても大きな飼育ケースにいれて飼育する方が見受けられます。大きな飼育ケースで飼育すると女王アリはすぐに死んでしまいます。

交尾を終えた女王アリは、まず自ら小さな穴を掘りそこで卵を産みます。しばらくして孵化した働きアリが家族(別名:コロニー)の大きさに合わせて巣を広げていきます。

ではなぜ初めから大きな飼育ケースではだめなのでしょうか?いくつか理由があるのです。



 ・家の管理ができない! 
 飼育ケースで飼育していくと当然、アリのおしっこやうんこがでてきます。

またエサの残りかすもでてきたり、働きアリの死骸もでてきます。
そうすると、カビや雑菌などが繁殖してきます。

働きアリは、お尻から蟻酸という物質をだすことができその蟻酸で自分達に悪い影響のあるカビや雑菌を殺して掃除をするのです。

しかし例えば広い飼育ケースに働きアリが1匹いたとすると1匹で全部の飼育ケースを掃除することが困難になるのです。

人間も同じですね。あまり広い家だと掃除するもの大変ですし庭の草取りなんか広すぎてやりたくありませんよね。

このようにあまり大きな飼育ケースで初めから飼育すると、カビや雑菌によってアリ達が死んでしまいます。
 


 ・広いと落ち着かない! 
人間でも広い部屋だと落ち着かない人もいますよね。

狭いと落ち着くという人もいます。また一人でいるより何人かいると落ち着く人だっています。

アリ達も同じで、狭くて密集することが好きなのです。

働きアリ達は女王アリの周りを囲み女王アリを守りながら密集します。

ちょうどいい大きさで密集することで安心してストレスなく生活ができるのです。
 

③当店から女王アリを入手した場合の注意点


当店では初めから小さな石膏飼育ケースに入れて送りますので、はじめのうちはそのまま飼育すること可能です。

ただし宅配により振動などのストレスが大きくなりますので、到着後はすぐに受け取りしばらくは暗く振動もない場所で安静にすることが大切です。



・すぺての共通した注意点が大事!

採取または購入などで手に入れた場合に共通して注意して欲しいことがあります。


 ・ストレスにとても弱い  ・とても臆病になっており疲労しやすい  ・生まれたばかりなので耐性が低い

1年目の女王アリはとくに弱く突然死することもよくあります。しっかり知識を学びながら様々な経験をしていくと飼育も上手になっていきますのであきらめずに楽しく飼育していきましょう。

女王アリは2年目、3年目と年数が経過するごとに丈夫で産卵数も多くなっていきます。



・1年目の女王アリを飼育ケースに入れたら            何かすることはあるの?


交尾を終えた1年目の女王アリは、羽を自ら取り住みやすい土まで移動します。そして土に小さな穴を掘りそこで産卵して働きアリが孵化するまで面倒をみます。

女王アリは働きアリが生まれるまで体に栄養分を蓄えており、エサを食べなくても最初のうちは大丈夫になっており、働きアリが誕生してから初めて働きアリから栄養分を口移しで女王アリが摂取するのです。

女王アリは自ら餌を食べることはほとんどありません。

①働きアリが生まれるまではじっと我慢!

 女王アリをまず飼育ケースに入れたら、上記で説明したとおりストレス等に弱い為、刺激を与えないように注意をてください。

働きアリが生まれるまでは、エサは必要ありません。女王アリは初めは産卵していきます。卵が幼虫から蛹になり孵化し働きアリが誕生します。働きアリが誕生するまでは何もせずに温度管理と湿度管理を行ってください。

②1匹目の働きアリが誕生したらどうするの?

 働きアリが誕生したら、エサを与えてください。初めのうちは固形エサよりも液体エサをお勧めいたします。
働きアリが少ない場合、固形エサですと時間がかかりまた時には食べないこともあります。液体エサですと効率よく食べることができ、女王アリにもすぐに口移しでエサを与えることができます。

エサのやり方については別項目で説明してますのでそちらをご覧ください。
 











 上にもどる


 
トップページ  お支払い・配送について  運営者の紹介  ご要望・改善点など  お問い合わせ






aida